FX 情報商材 検証 評価

プロフィール

画像タイトル


金融コンサルタント:ビク

詳しいプロフィール

■メルマガフォーム

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

当サイトNo.1商材

当サイトNo.2商材

当サイトNo.3商材

FX口座入出金用銀行

この銀行が便利です。

楽天銀行

お薦めリモートデスクトップ

パソコンOffのまま、EA(自動売買システム)を24時間稼動させます。VPSを超える利便性があります。

お名前.com Windowsデスクトップ

コメント一覧

タグ

「検証と評価」履歴


年別ランキング

サイト内検索


プロフィール詳細

2011年10月02日

名前:ビク(Victoryの最初の2音を採用。)

●職業:金融コンサルタント
●略歴:

もともとの職業は、機関証券会社のFXトレーダー。日本の金融機関で5年間、外資系金融機関で5年間勤務し、金融業界の面も裏も熟知していると自認しています。
金融機関勤務中のトレード成績は、かなり良いものでしたが、毎日が激務であり(睡眠時間が2時間程度の日々が続いた。)、これは幸福な人生と言えるかと疑問を感じ、依願退職。
その後、金融機関勤務時代の人脈を利用し、市場リサーチを中心とする金融コンサルタントを自宅で開始。現在も継続中。
一方、FXのトレード手法、情報商材についての調査・研究は継続しており、勝てるFXを発見することに自信を持っているため、当サイトを運営しています。

個人的な金融投資ヒストリーの概要は以下の通り。
【2005年08月】
個人での株式投資を始める。当時の右肩上がりの相場で、1,000万円の利益を得る。
【2008年02月】
FX情報商材を利用しての、FXを開始。

【2008年08月】

勤務していた証券会社を退職。金融コンサルタント業を開業。加え、FXのトレード手法、情報商材の研究を更に深めることに面白さを見出す。
【2008年10月】
リーマンショックを起点とする相場下落で株式は損失を出すもののFXでは利益を得てトータルでは利益確保。相場下落時でも勝てるFXを再評価。
【現在】
年間50商材程度を購入し、FX手法、情報商材の研究を継続している。。

●モットー
独立自尊。これが生き方の全ての基本。これは福沢諭吉のモットーでもあります(しかしながら、私は慶応大学とは一切関係は有りません。)。
組織にしばられずに、自由自適で生きていくことを目指しています。

●自由自適生活
市場リサーチの金融コンサルタント業務は、注文が有る時のみに対応しており、自宅でのFX取引が収入のかなりを占めるようになってきました。
現在は、日本、オーストラリア、マレーシアに不動産を持ち、それぞれの地域気候の良い時に移り住む様にし、余裕の有る時間を満喫するようにしています。
ネットが世界中でつながっていることで、可能な生活です。仕事の仕方は、自分の意思で変えられる時代になっています。この働き方、生活スタイルを継続することは、自分自身のためと共に、組織に縛られ、理不尽な働き方をしている日本人へのアンチテーゼでもあるのです。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: