FX 情報商材 検証 評価

プロフィール

画像タイトル


金融コンサルタント:ビク

詳しいプロフィール

■メルマガフォーム

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

当サイトNo.1商材

当サイトNo.2商材

当サイトNo.3商材

FX口座入出金用銀行

この銀行が便利です。

楽天銀行

お薦めリモートデスクトップ

パソコンOffのまま、EA(自動売買システム)を24時間稼動させます。VPSを超える利便性があります。

お名前.com Windowsデスクトップ

コメント一覧

タグ

「検証と評価」履歴


年別ランキング

サイト内検索


FX孔明 ザ・シークレットルーム【検証と評価:2011年12月12~12月16日】

2011年12月19日

FX孔明 ザ・シークレットルームの週間成績です。

合計:-5,846pips

先週も負けました。一度-6,963pipsの損失をくらい、浮上出来ませんでした。

鳴り物入りで販売されたコピートレードですので、少なくても今年いっぱいは検証を継続します。孔明さん、これからの復活を待ってますよ!

この商材は、既に、販売されていません。

FX孔明 ザ・シークレットルーム【検証と評価:2011年12月5日~12月9日】

2011年12月14日

FX孔明 ザ・シークレットルーム 週間成績です。

合計:-1,828pips

 損失が膨らんでます。負けた場合の損失が大きすぎますね。

 今年いっぱいは稼働させ、様子をみるつもりです。

 すでに販売も終了しています。

FX孔明コピートレード ザ・シークレットルーム【検証と評価:2011年11月】

2011年12月05日

FX孔明コピートレード ザ・シークレットルームの2011年11月運用実績です。

合計:-2,673pips

これは大きく負け越しました。初月からこのマイナススタートはこたえますね。本当の諸葛孔明だったら泣いてますね。

負ける回数が多い(ビクの運用成績:6勝8敗)のと、負けた時の損失が買った時の利益より大きい、というトレードが多かったです。

これでは勝てません。

せっかくシステムを購入しているので、もう少し運用を継続して成り行きを見てみます。奇跡の復活に期待!

尚、現在は、販売終了しています。

FX孔明 コピートレード ザ・シークレットルーム【検証と評価:2011年11月21日~11月25日】

2011年12月01日

FX孔明 コピートレード ザ・シークレットルーム週間成績です。

合計:-21pips

内容は以下の通りです。
    (pips)
11/21:-589
11/22:+288
11/23:+1073
11/24:-174
11/25:-619

収支はトントンというところですね。早くどこかで激しく稼ぐ場面を見たいものです。


ありがとうございました。FX孔明オートトレードシステム販売終了。

FX孔明 ザ・シークレットルーム【評価と検証:2011年11月21日~11月25】

2011年11月26日

FX孔明 コピートレード ザ・シークレットルームの週間成績です。

合計:+9pips

詳細は以下の通り。
(pips)
11/21:-582
11/22:+303
11/23:+1,082
11/24:-171
11/25:-623

辛くもプラスとなりました。
これが積み重なるかどうか、今後の成り行きを見守りたいと思います。

販売は先週で一旦終了し、しばらく行われないようです。


FX孔明 ザ・シークレットルーム【検証と評価:2011年11月14日~18日】

2011年11月21日

FX孔明 ザ・シークレットルーム コピートレードの先週の成績です。

マイナススタートになりました。

合計:-232pips

ウ~ン。1週間では、結論は早いと思いますが、悪い出だしですね。

FX孔明 ザ・シークレットルームは、一時期販売停止でしたが、本日から5日間のみ、販売を再開するとのことです。

先週の成績に関わらず、孔明氏を信じる方は、この5日間(11月25日まで)が購入のチャンスのようですね。


FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム

2011年10月28日

まずは最初に、「名前が長すぎる~」。どうしてこんな名前にしたのかな?はさておいて、

今年はコピートレードが大流行りですね。

ついに、大御所の出番というところでしょう。この業界では言わずと知れた、「孔明」氏。伝説の自動売買システムで「FX孔明」名を馳せた人です。

ビクは購入しました。稼働は11月中旬からということなので、実検証していきます。

送信された孔明氏のトレードをがコピーして購入者のシステムに反映させるコピートレードシステムです。これで彼の実力が白日の下にさらされます。商材の価格が若干安価なのは自信の無いせい?